まとめローン

日本語ドメインとSEO

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1、2年ほど前に初めて「日本語ドメイン」を取得してホームページを作成してみました。

取得するなら検索件数の多いキーワードの方が有利になると安易に考えてキーワードと同じ日本語のドメインを取得したのです。

サイトが完成して公開してから、しばらく時間がたってもアクセスがないのです。

SEOはスパム行為が怖くてしておりませんでした。

そんな状態が続き一年が過ぎようとしていて、情報を調べている時に感じました。

日本語ドメイン名と検索キーワードが合致していては駄目なのでは?

一種の検索エンジンスパム扱いをされているのでは、ないのだろうかと・・・

現にある検索エンジンにおいては1年間で1件しかアクセスがなかったのです。それも関連のないキーワード検索語句だったのです。

実験してみました。ドメインにないキーワードをテーマにしたサイトを公開すると引っかかるようになったのです。

ということは、ドメイン名とサイトのテーマは異なるようなものにしなければいけないのか?

そんなドメインは意味がないではないかと感じます。

今後、どのように変化していくのかは、予想できませんが、現時点では日本語ドメインにSEO効果を求めるのは、難しいと思います。

もちろん、全てに当てはまることではなく、自らが管理している複数の日本語ドメインの体験から感じたことではありますが。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日本語ドメインとSEO

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.loan-matome.com/mt/mt-tb.cgi/81

コメントする

ローンまとめ一本化を中心テーマとしたホームページやブログを公開していますが、必ずしもローンまとめ商品などで複数の借り入れを一本化することが良い方法ではないという事もあり、全ての借金を返済する為の最適な方法を選択する際に、参考となるような情報の一つとしていただきたいと考えております

「ローンまとめ」のメリットとしては、月々の返済額を無理のない金額に軽減できる可能性がある。また年利についても低金利な条件に変更できるケースもあったり、現在の借り入れ状況の管理が複数の借入先があるよりも明確になり得る事もあります。絶対に避けなければいけないのは、ローンまとめ後に新たな借金をしてしまい一本化するよりも借り入れ総額が増えてしまうケースです

ローンまとめ一本化を実行する前に信頼おける相談窓口などを利用することも大切と考えます

Powered by Movable Type 6.0.6

About このブログ記事について

このページは、Loan-Matomeが2008年2月15日 11:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サイトのボリュームは」です。

次のブログ記事は「検索エンジンスパムのドメインを調べる方法は」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。