まとめローン

ローンをまとめて1本化する

| | コメント(0) | トラックバック(0)

気がつくと現在の収入では返すことが到底できそうもないほどの借金総額を抱えているという人は少なくはないようです。月々の返済がやっとで借入れ枠が少しでも出来ると限度金額まで再び借りて何とか日々の生活をやりくりしていて何とかしないとマズイことになると感じている人もいると考えます。

自身の現在の借入れ借金状況はきちんと把握できていますか?

このまま何の対策も立てずにズルズルと流れていても状況は変わることはないのではないでしょうか。月々の返済が苦しくなるほど借入れが膨らんでいるようであれば、そのまま放置しておくと更に多額の借金へと膨れ上がっていってしまう危険性があるのではないでしょうか

もしかしたら既に返済が限りなく不可能な状態になってしまっているのかもしれません。まずは現在の借金状態を整理してみることが必要です。

今の収入金額と日々の生活に絶対必要な最低限の出費予定金額も計算してみましょう。データが揃ったら一ヶ月の収支を計算してみることにします。

収入金額?必要な経費?月々の返済金額=

結果はいかがですか?お金が残った場合は返済可能範囲と考えることが出来ます。計算結果がマイナスであった場合は現状で借金を返済していくことは非常に困難な状況になっていますので更に詳しく検討する必要性があると考えます。

少し足らないという程度の金額であればおまとめローンで1本化することなどで返済金額を無理のないものにするこも可能ですし、実質年率を低金利な商品に借り換えすることで負担が軽減されて返済計画を立てることもできる可能性があると考えることができます。

しかし、おまとめローンで負担が軽減されても返済計画が立てることが出来ない場合はしかるべき相談をすることも検討していかなければなりません。

いずれにしても借金返済に向けて行動を起さなければならないと真剣に考えて情報を収集し動き出さなければいけないのではない時期ではないでしょうか?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ローンをまとめて1本化する

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.loan-matome.com/mt/mt-tb.cgi/28

コメントする

ローンまとめ一本化を中心テーマとしたホームページやブログを公開していますが、必ずしもローンまとめ商品などで複数の借り入れを一本化することが良い方法ではないという事もあり、全ての借金を返済する為の最適な方法を選択する際に、参考となるような情報の一つとしていただきたいと考えております

「ローンまとめ」のメリットとしては、月々の返済額を無理のない金額に軽減できる可能性がある。また年利についても低金利な条件に変更できるケースもあったり、現在の借り入れ状況の管理が複数の借入先があるよりも明確になり得る事もあります。絶対に避けなければいけないのは、ローンまとめ後に新たな借金をしてしまい一本化するよりも借り入れ総額が増えてしまうケースです

ローンまとめ一本化を実行する前に信頼おける相談窓口などを利用することも大切と考えます

Powered by Movable Type 6.0.6

About このブログ記事について

このページは、Loan-Matomeが2008年5月 8日 14:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本語ドメインの使い方」です。

次のブログ記事は「ローンまとめ.netという日本語ドメインはそろそろ・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。