まとめローン

ローンまとめ1本

| | コメント(0) | トラックバック(0)

080531.jpgローンまとめ等の金融商品を利用した借金完済を目標とした返済プランを作成することが出来たら全額返済へとスタートする準備が整ったのですが、返済プランを実行する前に実行しておかなければならないことがあると考えます

ローンまとめ1本だけ

借り換えやローンまとめで複数の借入れを一つに1本化できる新たな借入れ契約が出来たら他の金融機関のローンカードや消費者金融などの契約は全て清算時に解約するようにしましょう

清算して借入れ残高が無くなったからといって解約せずにカードを持っているのは後々にとってあまりよくありません。一つの理由としては気持ちの問題です。清算した際に万が一があった時にカードは持っておいた方が何かと便利なのではないかと考えるのは理解できますが、困ったらお金は簡単に借りることが出来ると頭にあると借金を完済するという断固たる決意にヒビがある状態となりがちです

ローンまとめ以外の金融契約は全部解約する

このままではいけないと考えて借金の完済を決意してローンまとめ等の金融商品を利用して1本化した時の借入れ総額が借金のMAXでなければならないのです。他にも借入れできるローンカードなどを残したまま何の問題なく作成した返済プラン通りに返済を実行していけらば良いのですが、万が一計画を通りに進まなくなってしまった場合に借入れ生活に戻ってしまうと現状よりも借入れ総額が増えてしまう危険性があるのです

借りているお金を全額返そうと決意してローンまとめ等で1本化したはずなのに、結果は借金総額が再度、1本化しようとしても不可能なほどの金額となってしまうことも現実的にあるのです

ローンまとめ後は生活スタイルなども見直しして借入れをしないで日常生活を送ることのできるよう工夫をしたり、改善をしたりすることも必要なのではないでしょうか

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ローンまとめ1本

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.loan-matome.com/mt/mt-tb.cgi/29

コメントする

ローンまとめ一本化を中心テーマとしたホームページやブログを公開していますが、必ずしもローンまとめ商品などで複数の借り入れを一本化することが良い方法ではないという事もあり、全ての借金を返済する為の最適な方法を選択する際に、参考となるような情報の一つとしていただきたいと考えております

「ローンまとめ」のメリットとしては、月々の返済額を無理のない金額に軽減できる可能性がある。また年利についても低金利な条件に変更できるケースもあったり、現在の借り入れ状況の管理が複数の借入先があるよりも明確になり得る事もあります。絶対に避けなければいけないのは、ローンまとめ後に新たな借金をしてしまい一本化するよりも借り入れ総額が増えてしまうケースです

ローンまとめ一本化を実行する前に信頼おける相談窓口などを利用することも大切と考えます

Powered by Movable Type 6.0.6

About このブログ記事について

このページは、Loan-Matomeが2008年5月31日 14:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「内緒で借金」です。

次のブログ記事は「検索エンジン最適化対策」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。