まとめローン

返済プランを相談

| | コメント(0) | トラックバック(0)

080606.jpgローンまとめで複数の借入れを1本化したり、現在の貸付条件よりも有利な金融商品へと借り換えを検討して借金完済を実現できる返済計画を作る方法として新しい借入れ先を探すだけではなく現在の借入先に相談してみるのも一つの方法です

昨年に貸金業法の法改正が行なわれた関係で金融商品の貸付条件や審査基準などが変更となった商品は少なくありません。特に実質年率などの年利率については従来のものと比較して低金利になっている事が多いのです

しかしながら新金利の適用については既に契約している者にはされずに新たに契約する新規契約者から対象となっている場合が多いので同じ金融サービスを利用していても法改正後に新たに契約した人の方が有利な条件でお金を借りれているとう事になるケースがあります

そこで、今お金を借入れしている金融会社の金利などを確認してみて自身の契約よりも有利な条件に変更されているようであれば、問合せをしてみることで現在の条件を見直してもらえる事もありますので価値はあると考えます

合わせて返済プランについても相談してみてはいかがでしょうか?正直に現在の借金状況を話してローンまとめ等を検討していることなども全て隠さずに伝えて現在の返済方法では負担が大きく全額返済の見込みが立たないので自身のマネーライフにマッチする返済方法などがないか相談をしてみます

現在の年率を下げてもらえたり利用限度枠を増額して他社の借入れ返済に回して1本化できるようなケースがあります。現在の借入れ契約先でローンまとめをすることが可能ということです。既存契約先でのメリットは返済実績などの確認で信用度が新規契約者よりも高いというものがあります

ローンまとめ商品の中には初回の限度額が抑えられており、希望する金額の借入れは困難なケースもありますので、一度現在の借入先にてローンまとめを検討してみるのはいかがでしょうか

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 返済プランを相談

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.loan-matome.com/mt/mt-tb.cgi/19

コメントする

ローンまとめ一本化を中心テーマとしたホームページやブログを公開していますが、必ずしもローンまとめ商品などで複数の借り入れを一本化することが良い方法ではないという事もあり、全ての借金を返済する為の最適な方法を選択する際に、参考となるような情報の一つとしていただきたいと考えております

「ローンまとめ」のメリットとしては、月々の返済額を無理のない金額に軽減できる可能性がある。また年利についても低金利な条件に変更できるケースもあったり、現在の借り入れ状況の管理が複数の借入先があるよりも明確になり得る事もあります。絶対に避けなければいけないのは、ローンまとめ後に新たな借金をしてしまい一本化するよりも借り入れ総額が増えてしまうケースです

ローンまとめ一本化を実行する前に信頼おける相談窓口などを利用することも大切と考えます

Powered by Movable Type 6.0.6

About このブログ記事について

このページは、Loan-Matomeが2008年6月 6日 13:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「借金のある日々」です。

次のブログ記事は「まとめサイトのTOPを変更」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。