まとめローン

ボーナスがあるなら

| | コメント(0) | トラックバック(0)

080614.jpgローンまとめ1本化した後でも検討中でも金融機関などから借入れのある人でボーナスなどが出た人は迷わず借金返済をすることをおすすめします

利息金額は想像以上に多額

なのです。ローン計算式などで利息金額を計算してみてください。予想以上の金額を利子として支払わなければならないと驚く人も少なくありません。

借金の完済をするためには早く元本、元金を減らしていくことが重要なポイントの一つです。100万円を借りて100万円分しか使っていないのに借りたお金には利息がつくので倍近い金額を返済しなければならないこともあるのです。

特に借りている期間が長くなれば長くなるほど期間に比例して支払い総額が多くなるのです。ローンまとめ等も同様です。期間が長くなれば、その分支払い総額の金額は大きくなることになります。

どうしても必要なお金以外のものは贅沢やあまり必要としていないものに使うことを避けて元金返済に回すようにしましょう 

ミニボーナスでも

例え小額の賞与であってもお金を借りている間は使ってしまうのではなく返済に充てた方がトータルで考えると得となります。ローンまとめが必要なほど多額の借金を抱えていると金銭感覚が麻痺してしまうことも多くありますが、返せるものは返していくことは重要なことなのです

借りているお金を全額返済して借金のない生活へと戻るためには完済するという強い意志、断固たる決意と目標に向かって具体的に行動を起していくことが必要不可欠なことと考えます

臨時収入は全て借金の返済に充てるというように決めておくのはいかがですか?

ローンまとめ等の金融商品を利用して1本化した借金の完済可能な現実的な返済計画を立ててプラン通りに実行して借入れのない生活を取り戻す為に前向きな行動をはじめましょう

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ボーナスがあるなら

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.loan-matome.com/mt/mt-tb.cgi/18

コメントする

ローンまとめ一本化を中心テーマとしたホームページやブログを公開していますが、必ずしもローンまとめ商品などで複数の借り入れを一本化することが良い方法ではないという事もあり、全ての借金を返済する為の最適な方法を選択する際に、参考となるような情報の一つとしていただきたいと考えております

「ローンまとめ」のメリットとしては、月々の返済額を無理のない金額に軽減できる可能性がある。また年利についても低金利な条件に変更できるケースもあったり、現在の借り入れ状況の管理が複数の借入先があるよりも明確になり得る事もあります。絶対に避けなければいけないのは、ローンまとめ後に新たな借金をしてしまい一本化するよりも借り入れ総額が増えてしまうケースです

ローンまとめ一本化を実行する前に信頼おける相談窓口などを利用することも大切と考えます

Powered by Movable Type 6.0.6

About このブログ記事について

このページは、Loan-Matomeが2008年6月14日 13:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「まとめサイトのTOPを変更」です。

次のブログ記事は「まとめずに今のままローンは返せる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。