まとめローン

銀行も年利キャンペーン

| | コメント(0) | トラックバック(0)

年末に向かって金利の見直しや低金利キャンペーンを実施している銀行や金融機関が発行するカードローン商品などが目立ちます

100年に1度ともいわれている金融危機の影響が冬のボーナスを直撃するとの予想もあり、生活維持のため、一時的に借り入れをせざるを得ない状況になる人が増えるかもしれません

そういう状況の人には金利の引き下げは嬉しいニューズになるのではないでしょうか?

 

銀行のおまとめローンでも、期間限定で低金利キャンペーンなどを実施しているとネット上から情報を得たので確認してみると事実、キャンペーンを実施しておりました

おまとめが必要な多重債務をしている人は、多額の借金総額になっている事も多いようですので、金利が少しだけでも下がるということは、返済総額や返済期間に大きな影響が出る事もあります

完済を目標として行動をはじめるチャンスなのかもしれません

ただし、一本化の危険性、注意点として、完済する前に新たな借り入れをしてしまい、一本化する前よりも借金状況を悪化させてしまうという人が少なくないという事例が多いという事を認識し、無理のない生活スタイルと返済計画とする必要があります

将来の事もよく考慮した上で、返済が困難であると判断できる場合は、しかるべき信頼できる相談窓口や弁護士、司法書士などに相談してみるのも借金問題の解決への一つと考えます

過払い金が発生しているケースも多くあるようで、注目されております

いずれにしても、これ以上に状況が悪くなっていかないように行動を起こす事が大切だと考えます

「何とかなる」という根拠のない返済計画は見直さなければなりません

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 銀行も年利キャンペーン

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.loan-matome.com/mt/mt-tb.cgi/164

コメントする

ローンまとめ一本化を中心テーマとしたホームページやブログを公開していますが、必ずしもローンまとめ商品などで複数の借り入れを一本化することが良い方法ではないという事もあり、全ての借金を返済する為の最適な方法を選択する際に、参考となるような情報の一つとしていただきたいと考えております

「ローンまとめ」のメリットとしては、月々の返済額を無理のない金額に軽減できる可能性がある。また年利についても低金利な条件に変更できるケースもあったり、現在の借り入れ状況の管理が複数の借入先があるよりも明確になり得る事もあります。絶対に避けなければいけないのは、ローンまとめ後に新たな借金をしてしまい一本化するよりも借り入れ総額が増えてしまうケースです

ローンまとめ一本化を実行する前に信頼おける相談窓口などを利用することも大切と考えます

Powered by Movable Type 6.0.6

About このブログ記事について

このページは、Loan-Matomeが2008年11月10日 13:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「完済する方法を見出す」です。

次のブログ記事は「金融関係に無関心」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。