まとめローン

ローンまとめの今後は・・

| | コメント(0) | トラックバック(0)

貸金業法の法改正の後からローンまとめ関連の金融商品に大なり小なりの影響があって環境が変化してきたように感じます

大きな影響があったと思われる一つは、年収の3分の1までの貸付限度です。

多重債務の合計借り入れ金額が300万円あると仮定すると年収は1000万円近く必要な計算となりますから一本化するのも厳しいのが理解できます

返済を軽減する方法の一つとしてローンまとめという選択もあったのですが、現実的には選択しても計画通りに進める事が困難なケースも少なくないようです

そういった流れを受けて弁護士や司法書士など専門家に相談する人も多くなり、個人再生や任意整理といった債務整理手続きを行う人も増加傾向にあります

同時に過払い金の請求をする人も以前と比較すると増えてきているようです

ローンまとめ等の今後はどうなっていくのでしょうか?

法律の改正なども含めて情報をキャッチするためにアンテナを高くして収集し、ブログやサイト内で公開して少しでも借金返済の参考としていただけるよう努めていきます

過払い金請求や債務整理などの情報もまとめていく予定です

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ローンまとめの今後は・・

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.loan-matome.com/mt/mt-tb.cgi/180

コメントする

ローンまとめ一本化を中心テーマとしたホームページやブログを公開していますが、必ずしもローンまとめ商品などで複数の借り入れを一本化することが良い方法ではないという事もあり、全ての借金を返済する為の最適な方法を選択する際に、参考となるような情報の一つとしていただきたいと考えております

「ローンまとめ」のメリットとしては、月々の返済額を無理のない金額に軽減できる可能性がある。また年利についても低金利な条件に変更できるケースもあったり、現在の借り入れ状況の管理が複数の借入先があるよりも明確になり得る事もあります。絶対に避けなければいけないのは、ローンまとめ後に新たな借金をしてしまい一本化するよりも借り入れ総額が増えてしまうケースです

ローンまとめ一本化を実行する前に信頼おける相談窓口などを利用することも大切と考えます

Powered by Movable Type 6.0.6

About このブログ記事について

このページは、Loan-Matomeが2009年3月 5日 11:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不安と焦り」です。

次のブログ記事は「方向性としては・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。