今の借入れ先で1本化

ローンまとめ返済計画を実行する

第40号

こんにちは、「ローンまとめで返済計画を実行する」をテーマにしたメルマガの発行担当者です。毎度、このメルマガをご購読いただき有難うございます。

このメールマガジンは、週に1回定期的に発行しております。複数の借入れやローンを抱え、返済方法に悩む日々を過ごしている人向けにローンまとめなどを利用した借金完済に向けた無理なく無駄のない借りたお金を返す返済プランを立てる参考情報を中心にお届けしております。

また、まとめローンで返済計画が完成したあとプラン通りに借金を返していく際に、少しでも期間を短くするための収入を得る方法や生活に必要な出費を抑える節約アイデアなどマネーライフに役立つヒントなども合わせて配信しています。

すべての借入れを返し終えて借金のない生活に戻るまでの間、このメールマガジンを購読していただいて、少しだけでも期間が短縮されるものを参考にしていただければ幸いです。

■今の借入れ先で1本化

ローンまとめで複数の借入れなどを一つにまとめて1本化すると決意した場合に、現在契約している金融商品よりも良い条件で借り換えできる新しいローンなどを探すことを検討することが多いのではないでしょうか?

貸し付け条件として利用限度額の大きな商品や出来る限り低金利で融資してもらえる金融会社と新たに新規契約をして借り換えをして1本化してまとめ借金完済を目標とした返済プランを作って借りたお金を返していくというイメージを持つ人も少なくないと考えます。

しかし、より好条件の金融商品に借り換えをすることが簡単に出来ないケースもあります。個々の事情などにもよりますが審査が通らないということもあるのです。特に昨年の貸金法の法改正の影響で審査に関してより厳しいチェックを実施する金融会社が増えているようです。

そこで、1本化する方法として検討してみる価値があるのが今現在の借入先でローンまとめする方法です。法律の改正により消費者金融各社も年率が低くなってきている傾向にありますし、限度額も1本化に対応できるような貸付限度金額に変更されている金融会社も多くなっています。

現在、お金を借りている会社との契約条件等を見直してみましょう。

今の契約している限度額の上限を増やして1本化したい旨と出来るだけの低金利を希望して無理の生じない返済計画を作る相談してみる。全てとは限りませんが、希望する条件に近い形で限度額や利息利率などを変更してくることもあります。

新たな金融機関と契約して借り換えした場合と現行の契約条件を見直して借金を一つにまとめて1本化した場合と比較してみて自分のマネーライフにマッチしたものを選ぶのも一つ方法ではないでしょうか?

日々の生活に影響が発生してしまうような無理な返済計画は完済までの長い期間を考えると、どこかで返済が困難になってしまう危険性が伴います。無理なく無駄の少ない借金完済を目標とした返済プランを作るようにしましょう

ローンまとめなどは返済プランを作る一つの選択肢と考えます
http://www.loan-matome.com/

最後まで読んでいただきまして有難うございました。

今後も本メールマガジンとホームページ及びブログサイトをよろしくお願いします。

━発行者
■ローンまとめ.NETで返済を1本化 ホームページサイト管理者

Powered by Movable Type 6.0.6

About このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。