失ってしまうもの

 ローンまとめ返済計画を実行する

第42号

いつも本メールマガジンをご購読いただきまして有難うございます。こんにちは「おまとめローンで返済を1本化した計画を立てて実行する」をテーマにしたメルマガ発行担当者です。

このメールマガジンは借入先やローンなどが複数あって、気がつくと日々の生活に影響が出てしまうほど返済が負担となってしまった人や借金の返済で悩んでいる人向けに借金完済に向けて出来ることなど節約や返済、及び収入を増やしていくような参考となるアイデアなどを週に1回のペースで定期発行しております。

ローンまとめで返済を1本化することは借金完済を目標とした返済プラン作成時の一つの選択と考えております。日常生活において無理のない無駄の少ない返済計画を作って借りているお金をすべて返し終えるまでの期間だけでもメルマガを購読していただき少しでも参考にしていただければ幸いです。

■失ってしまうもの

借金があることで失ってしまうものって考えてみたことがありますか?お金を借りている事で大事なものをなくしてしまうこともあるのではないでしょうか?自分がお金を借りていて返しているのだから誰にも迷惑をかけていないという時は、まだ失っているものはないかもしれません。

順調に借りたお金を返しており、完済も現実味があるのであれば問題は、あまりないのですが、思うように返済が出来ず、逆に借金が膨らんできてしまっている人は、注意が必要です。

毎月、決められた金額は返済しているのに考えている以上に借入れ総額が減っていない、返済にまわしているお金を優先して生活に必要なお金が足りなくなってしまい、また借り入れしてしまう。とういう人も少なくはないようです。

借金が減らない、増えている、といった原因を調べて改善していかなければ、借金の完済どころか逆に大事なものを手放さなければならないという取り返しのつかないことになってしまう危険性もあることを認識して考えてみてください。

大事なもの、大切なものを失ってから悔やんでも遅いのです

借金問題で失ってしまう大事なものとは何でしょう?借金で財産を手放したという話は少なくありません。家や土地、家宝などを失ってしまうということです。家族や友人なども無くすことも考えられます。借金が原因で離婚となり子供たちと離れてしまうことや金銭トラブルで親しい友人と縁が切れてしまうこともあります。

仕事も同じです。返済が遅れてしまい督促の電話などが会社に頻繁にかかってきて迷惑をかけてしまったり、仕事が停滞してしまったり、着服してしまうなんてこともあるかもしれません。そうなってしまうと今ままでのように会社で仕事をすることが困難になってしまうケースがあります。

上記は一般的な例です。しかし例にあげたような事態が自分に起きてしまう事もあり得るのではないかと考えてみるのも一つではないでしょうか

そういう状況にならない為には、借金を完済できる返済計画を作ってプラン通りに実行していく必要があると考えます。日々の生活に無理のかからない計画、出来るだけ無駄の少ない計画、プラン通りに実行できる計画を作成することが完済への第一歩と考えてみませんか

ローンまとめなどを活用して返済を1本化した借金完済計画を作るのも一つの方法
                     http://www.loan-matome.com/

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

これからも本メールマガジン及びホームページサイト等を宜しくお願いいたします。

発行者
■ローンまとめ.NETで返済を1本化 ホームページサイト管理者

Powered by Movable Type 6.0.6

About このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。