元金返済額と利息

 ローンまとめ返済計画を実行する

第46号

「ローンまとめで返済を1本化した借金完済計画を立てて実行していく」をメインテーマにしておりますメルマガの発行者です。毎号、ご購読いただき有難うございます

当メールマガジンは、複数箇所からの借入れやローンなどがあり、返済についての管理が煩雑となってきてしまい日々の生活において借金をしている事での影響が出始めてきている人や月々の返済支払い金の負担が重くなってしまってきている人など、借金問題を抱え悩んでいる人向けに少しだけでも参考となるような情報を配信して、借金完済を目指した返済計画を実行できるよう週一回のペースで定期発行しています。

全ての借金を返済するには、現実的な返済計画を立てる事が最重要と考えております。普段の生活に影響の少ない無理なく無駄のないプランを「ローンまとめ」を利用して作ってみるのはいかがですか?現在の借入れ状況とも比較をして負担が軽減される可能性も十分にありますので、借金総金額の詳細を明確にして比較検討してみましょう

■元金返済額と利息

毎月の決められた返済金額は期日に遅れることなく入金して返しているのに考えている以上に借り入れ総額が減っていないと感じることはありませんか?月々の支払いをきちんと行なっているのに中々借金が減っていかないと思っている人は少なくありません。

返済が予想以上に進んでいないのは、返済金額の内訳にあるのではないでしょうか?返している金額のうち元金の割合と利息額の割合はどのようになっていますか?利息金の金額の方が多くはありませんか

そこで元金の返済と利息の支払いを別に考えて返済してみるとどうなるのかを検証してみましょう

例として実質年率12.0%で借りた100万円の借金がある場合で考えます。

3年間で100万円を返済しようとすると利息金額も含めて毎月33,500円づつを返していくこととなります。支払う利息総額は約19万円ほどです。

そこで月々の支払い額33,500円を元金返済として利息金額を別にプラスして返済した場合は約2年2ヶ月で返し終えることができます。利息総額は約12万円となります。

しかし、返済当初は月々の返済金が大きくなり負担はかかってしまいます。

上記の事を考えてみると元金を減らしていくことが完済への近道だということがあらためてわかります。支払うべき利息金額にも差が生じてくることも明確です。

もし、借金返済期間中に金銭的な余裕があるような場合は迷わずに元金返済をしていく事をおすすめします。一つ注意しなければならないのが元金返済とならずに繰り上げ返済しただけで元金は変わらないという契約条件もありますので事前に確認しておく必要があります。


ローンまとめ等の金融商品に借り換えて返済を1本化した借金完済計画を作る
                     http://www.loan-matome.com/

最後までお読みいただき有難うございました。

今後も当メールマガジンとホームページなどを宜しくお願いします。

発行者
■ローンまとめ.NETで返済を1本化 ホームページサイト管理者

Powered by Movable Type 6.0.6

About このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。