返済できる限度

ローンまとめ返済計画を実行する

第48号

こんにちは「ローンまとめで返済を1本化して借金の完済計画を立てプランを実行していく」をテーマにしているメールマガジンの発行者です。毎号のご購読をいただきまして誠にありがとうございます

このメルマガでは、いくつかの借入れ先からのローン等でお金を借りており、借金返済にあたり現在の借金状況が煩雑になってしまい管理出来ず、よく把握できなくなってしまい、日常の生活においても何らかの影響が出始めてきてしまった人や毎月の返済支払い金額が負担となってきている人など、借金のあることで悩んでいる人向けに少しだけでも返済の参考となるような情報を配信し、借金完済を目標とした返済プランを実行していけるよう毎週一度、定期的に発行しております。

今あるすべての借金を全額返済する為には、実行可能な無理なく現実的な返済計画を立てる事が重要だと考えます。

普段の生活に影響の少ない無理なく無駄のない計画を「ローンまとめ」などの金融商品を上手に利用して作成してみるのはいかがでしょうか?現在の借入れ状況とも比較をしてみると負担が軽減される可能性も十分にあると考えられます。借金総金額の詳細を明確にし把握して比較及び検討をしてみましょう

■返済できる限度

住宅ローンや目的のある借金などを除いた借入れを個人が完済できる限度借金金額とはいくらまでなのでしょう?ローンまとめを利用して1本化することを検討する必要が出てくるほど借金が膨れているようであれば相当な金額となってきているのかもしれないです。

そこで返済シュミレーションしてみます

カードローンやローンまとめ等の利用限度額は200万円から500万円ぐらいのものが多いようです。中には1000万円というような金融商品もありますが、現実から少し遠いような感があります

借金総額が500万円となり、ローンまとめで借入先と返済を一つにして1本化したと仮定します。実質年率は8.0%で契約できたケースで考えていきます。まずは月々の支払い金額は8万円程度になると想定されます。

毎月8万円を借金返済にまわすとなると相当程度の収入が必要になってきます。単純に計算しても月収50万円前後ないと日常生活に負担が大きくなってしまいます。

次に返済期間ですが、毎月8万円を返済し続けていっても全額返し終わるまで約8年間超えの期間が必要と想定することができます。500万円を返し終えるには、相当な期間が必要なのです。

もう一つシュミレーションして考えさせられるのが利息金額です。500万円を年利8.0%で8万円づつ8年間強で完済した時の利息金額は約300万円弱となる計算になります。実際に計算してみると驚きますが、現実でもあるのです。

500万円分使って約800万円を返さなくてはならないと考えると今ある借金を早く返済していかないと大変な事になると同時に損をすることが理解できます。

借金完済を目標とした現実的で無理の少ない無駄のない返済計画をローンまとめ等の金融商品を上手に利用して作ってみることを検討してみませんか


ローンまとめ等で返済を1本化し無理なく無駄の少ない借金完済計画を作成する
http://www.loan-matome.com/

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

これからも本メールマガジン及びホームページサイト等をよろしくお願いいたします。

発行者
■ローンまとめで返済を1本化 ホームページサイト管理者

Powered by Movable Type 6.0.6

About このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。