まとめローン

おまとめローンか任意整理か

| | コメント(0) | トラックバック(0)

現在の収入生活では返済が困難となっている場合には何か手を打たなければ事態は悪化していく事が容易に予想できます

特に多重債務状態となっている人は早急に対策をしなければならないと考えます

毎月の返済金額が用意できずに借りて返すようになっている場合は危険度がMAXです

既に正常な生活から逸脱しているのではないでしょうか

最近は債務整理の方向で信頼できる専門家に相談する事で救われる人も多くなっているようです

ただし、インターネットで検索して表示されれいるサイトの相談先は信頼できる相談先なのかを判断することが難しいので、市区町村などの行政窓口などを通じて紹介してもらうなど安心して打ち明けることの出来る先を自身で慎重に探してください

債務整理の無料相談

 

任意整理や個人再生などはブラックリストと呼ばれる信用情報に載るようになって事故情報が数年間残るというデメリットがあるので、将来のことや立場などを考慮すると債務整理はどうしても避けなければならないという人もいます

そういったケースでは止むを得ずおまとめローンなどを検討していく事になると考えます

 現在のカードローンなどの借入れを一つにまとめて月々の返済額を軽減して低金利なものに1本化する方法です

しかし、おまとめが必要なほど多額の多重債務を抱えている場合には、1本化した後の生活や返済を真剣に考えていかなければ事態を悪化させてしまう危険性もあると考えます

実際におまとめローンした事で一時的に返済が楽になってから新たに借金してしまうというケースも少なくないようです。実体験ブログなどがあります↓

 

[借金]人気ブログランキングへ

 

ローンまとめにしても債務整理にしても、多重債務者になった原因を考えて生活スタイルや考え方の改善をしなければ同じ失敗をしてしまう危険性があります

二度と多重債務者にならない為にはどうすればよいのかを真剣に考えて、借金完済に向かって行動を起こしていくことにしませんか

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: おまとめローンか任意整理か

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.loan-matome.com/mt/mt-tb.cgi/135

コメントする

ローンまとめ一本化を中心テーマとしたホームページやブログを公開していますが、必ずしもローンまとめ商品などで複数の借り入れを一本化することが良い方法ではないという事もあり、全ての借金を返済する為の最適な方法を選択する際に、参考となるような情報の一つとしていただきたいと考えております

「ローンまとめ」のメリットとしては、月々の返済額を無理のない金額に軽減できる可能性がある。また年利についても低金利な条件に変更できるケースもあったり、現在の借り入れ状況の管理が複数の借入先があるよりも明確になり得る事もあります。絶対に避けなければいけないのは、ローンまとめ後に新たな借金をしてしまい一本化するよりも借り入れ総額が増えてしまうケースです

ローンまとめ一本化を実行する前に信頼おける相談窓口などを利用することも大切と考えます

Powered by Movable Type 6.0.6

About このブログ記事について

このページは、Loan-Matomeが2008年10月20日 14:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「借金で離婚」です。

次のブログ記事は「多重債務者である認識がなかった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。